スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マインドマップで歯ブラシを徹底分析

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。



これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。
自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。



人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。


困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。