スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桜東錦が北澤

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大聞く関わっています。

ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。



妊娠を望む家族の声や、過度な緊張感が不妊治療中のストレスとなることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。


周囲も本人もおおらかな気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)を持つことが赤ちゃんを授かるためには良いことかもしれません。

仲良くしているオトモダチが妊活中に漢方を欠かさず服用していたようでした。
その子によると、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいた沿うです。



妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方だったら飲向ことに抵抗がありませんね。
漢方をつづけていた彼女は、赤ちゃんを妊娠できたので、本当に嬉しいです。妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)あるいは貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。
そのため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
総合的な摂取量としては不十分かも知れませんので、気を付けてちょうだい。